1,000ピンのシンボルを約10分で作成!!

お知らせ
3ou6m8rmwn5fx5fzkbvo-6e7d6b19.png
現在、爆発的に導入が進んでいる、ライブラリの半自動作成ツール「OrCAD Library Builder」についてご案内いたします。


OrCAD Library Builderは部品作成向けの自動化ソリューションです。

高度なPDFデータシート抽出機能により、回路図シンボルやPCBフットプリント/ランド・パターン作成を促進し、
間違いが起きやすい従来の手動プロセスを排除し、
短時間で正確なコンポーネント・ライブラリが作成できます。
例えば、
1000ピン程のFPGAの回路シンボルとPCBフットプリントを、わずか10分程度で完了させることも可能です。

 

◎こんな課題をお持ちではないですか?

 ・手作業で回路シンボルやフットプリントを作成するため、工数がかかっている

 ・複数の設計者がそれぞれライブラリを作成した結果、矛盾が生じてしまう

 ・間違ったフットプリントが論理シンボルに割り当てられる。

 ・これまで開発したライブラリは新しいシステムのために放棄しなければならない

 ・論理シンボルとPCBフットプリントの作成に異なるCADシステムを使っている


■製品の特長
  

〇構築時から正確

  間違いが起きやすいタスクを自動化し、さまざまなエラー・チェック・ユーティリティを使用することで、
  作成当初からライブラリの正確性を確保

シンボルの作成

  データシートから仕様を抽出し、フォーマット化し、OrCAD Captureに効率的に出力することで
  シンボル生成に費やす時間を短縮し、エラーを削減

IPC-7351準拠のフットプリント
  ベンダーのデータシートから直接IPC-7351仕様のフットプリントを自動的に構築したり、カスタムな要件定義も可能

シンボルとフットプリントのチェック
  シンボルとフットプリントを1つのGUIに表示できるため、両者が一致しているかどうかを簡単にチェックでき、
  必要であればクロスプローブも可能


3Dモデルの生成
 
フットプリント・データからSTEPモデルを自動的に生成し、3D表示用の正確なメカニカル・モデルを構築

ワークフローを高速化
   PDFデータの抽出、フットプリントの作成、出力の検証が単一の環境に統合されており、ワークフローを劇的に高速化


本製品の詳細説明やご評価を希望される方は、是非、弊社OrCAD営業部までお声掛け下さい!

 orcad@innotech.co.jp

みんなからのコメント

ログインが必要です

カレンダー

2020/5
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

タグは未登録です

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です