回路設計者がOrCAD PCBを持つメリット

お知らせ
ek5cugnuybftkvr887vm-98dca022.png
この度、OrCADのアートワーク設計ツールである「OrCAD PCB Designer Standard」を
大幅に値下げする事となりました。
OrCADユーザー様の多くがアートワーク設計を外部委託されておりますが、
改めて、Captureユーザー様が「OrCAD PCB Designer Standard」を持つメリットをご紹介いたします。

※OrCAD Captureより安価にUpgradeする事も可能です

<外注先へアートアークを依頼する前>

・配置を指示するためのサンプルデータ作成(意図を正確に伝えるための手間削減)
・ご自身で仮配置を行うことが可能(外注費を安く)

 

<外注先より基板データ受領した後>

・(.brdで受け取れば)基板データを確認・修正可能

・クロスプロービングにより検図が楽に(手間削減)

・配置のチェック(手戻りの回避)

・配線幅・配線間隔などのチェック(手戻りの回避)


また「OrCAD PCB Designer Standard」の上位版である「OrCAD PCB Designer Prpfessional」があると、
更に下記が可能となります。
 

・等長配線部分が正しく等長になっているかチェック(手戻りの回避)

・解析機能により反射解析やインピーダンスチェックが可能(手戻りの回避)


ご興味がある方は、お気軽にOrCAD営業部までお声掛け下さい!

orcad@innotech.co.jp
 

みんなからのコメント

ログインが必要です

カレンダー

2020/11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

タグは未登録です

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です