PSpiceを導入するメリット 5選!

お知らせ
bwsmz8wkahffmud5wfhn-04401fe5.png

電子回路設計や評価において、省電力対応から大電力対応、電子部品の搭載数の増加による
開発期間の短縮化のニーズは、加速の一途をたどっております。
このような状況からフロントローディング設計が求められ、そこで回路シミュレーションは必要不可欠です。

その一方で、回路シミュレーションにに対してハードルを感じたり、回路シミュレーションを
行ってはいるが、更に効率化を図りたいというご要望も多いのではないでしょうか?

このような課題に対して、業界標準の回路図エントリーのOrCAD Capture(R)と、
電気回路シミュレーターのOrCAD PSpice(R)を用いることにより両ツール間の
シームレスな操作性により設計資産を無駄にすることなくフロントローディング化が図れます。

本記事では、業界標準のSPICEシミュレーターであるPSpiceの導入メリットを解説します。
現在、以下のような設計課題を感じている方は是非、ご覧ください!

・回路設計後、回路検証を行っているが、再度検証用回路を書き直している。

・PCB設計→実機検証→回路修正→実機検証→回路検証・・・・のサイクルを
 少しでも減らしたい。

・品質向上のためにも社内で検証環境を確立し、精度の高い解析を行いたい

・他社SPICEシミュレーターと比べた、PSpiceの優位性を知りたい

・デバイスモデルの入手性をより効率化したい


【PSPiceの導入メリット5選!】

 <1>PCB設計フローに繋がるSPICEシミュレーション
 <2>豊富なデバイスモデルとModel Editor
 <3>MATLABとの連携
 <4>設計品質向上に貢献
 <5>品質と技術サポート

詳細は下記URLをご確認下さい。

https://www.innotech.co.jp/products/orcad/about/pspice_info/
 

みんなからのコメント

ログインが必要です

カレンダー

2021/12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

タグは未登録です

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です